2016年12月11日

勝手に群馬vs埼玉

 前回からはじめました新カテゴリー「勝手に県民ネタ」、開始早々意外と反響をいただきまして(汗)

  正直私は47都道府県のうち、半分以上足を踏み入れておりませんふらふらのであまり偉そうなことは言えないのですが、ネット仲間やらリアル人間関係やら、お付き合いは広いほうですので、できる限りのリアルな情報と、生まれ育った埼玉への自虐的感情をもとに拙い記事を綴りますのでよろしくお願いします犬


 さて、前置きが長くなりましたが、今回は2回目にしてメインイベントと言ってもいい
埼玉vs群馬の記事でございます。


  群馬はスタッフA(奥さんともいう)の実家もありますし、仕事でもよく行き友人も多いので、埼玉の次によく知っている国土です。ですので人一倍対抗心も強いという(笑)おそらく一回の記事では収まらないので続編もあると思います。


 まず、群馬県の優れているところから挙げていきましょう目群馬歴15年以上(どんな歴だ)の私の独断と偏見もありますが、

・埼玉より観光地が多い(スキー場もあるし温泉も豊富)
・埼玉県民より郷土愛が強い
・だるま大使がある(これ大事)
・他にもうまい処は埼玉より多い

 横長の埼玉県は東京都と群馬県にサンドイッチされてる国土ですからね、群馬県とは仲良くするのが基本姿勢としては吉だと思いますが、もし群馬の人が「埼玉≒群馬」という認識をしていたら対抗したくなるのが埼玉県民の性ですよね(笑)


  そこでつい「埼玉のほうが都心になんたら」のネタを出したくなりますが、そこはこらえないといけません。群馬の方はそんなこと全く意に介していないのです。なにせ群馬県は高速道路のアクセスが異常に良く、車でどこへでも行けると思ってます。車(セダン)車(RV)電車は新幹線以外いらないのです(異論は認めますたらーっ(汗)

 
 ですので、群馬県をイジるネタとしては言葉が一番です。群馬県の方は困ったことに「自分たちが標準語を話している」と思っています。でもそれって群馬弁なんです。代表的なものは、

・〜なんだよ。〜なんだ。→〜なんさぁ。
・かわいいなどの「見た目がいい」→器量がいい(きりょいいな、などと言います)
・ずいぶん、とても→なから(強調時はなっから・なぁっっから)


あとはアクセントの違いも多いですかね。
・いちご→ちご
・二階→かい
など。あと、群馬の方に「1から20まで数えて」と言うと、超カオスになるのでお試しください(笑)


他にもいろいろディスるネタも褒めるネタもありますが、今回はこれくらいであせあせ(飛び散る汗)


 最後に、古くから群馬を形容する時の有名な言葉「かかあ天下とからっ風」について。
かかあ天下というのは、まぁ私はまさに群馬からお嫁さんをもらったのでアレですが、どうやら「怖い」という意味での言葉ではなく、「働き者」という意味合いでのかかあ天下なんですね。

 確かにスタッフAさんは私の3倍くらい仕事しますからね。独身の方、お嫁さんもらうなら群馬の女性ですよ〜怖くないですよ〜(震え声)

 
 からっ風につきましては、多分群馬の方にとっても忌まわしいものなのでは。。と思います。あれ、本当に吹かれるとしんどいですからね。本気で前に進めないんですよ。


 そしてさらに、乾燥しているこの風がもたらす超忌まわしいであろうデータがこちら。。。化粧品のPOLAが毎年発表している「美肌県ランキング」こちらから2012→2016までの各年ランキングが見られるのですが、なんと群馬県、


最下位の常連
という。。。(震え声)ちなみに、奇しくも前回ご紹介した島根県が2012〜2015まで4連覇しているっていうがく〜(落胆した顔)


 ちなみに埼玉県はだいたい「中の上」くらいをウロウロしているようですので、いかに「からっ風」がお肌にとって大敵なのか、という事ですね。これはもう、気の毒すぎてイジるネタには絶対使えません。地雷になりかねませんので、取り扱いご注意です(笑)


 以上、群馬との「初戦」はここまでとなります。誤解の無いように…ここまでの記事は、あくまでも私の「群馬愛」から放たれているということを強調して、記事を締めたいと思います(笑)


草津温泉に行きたいスタッフS
posted by さらさりゅうきん at 13:44| Comment(4) | 勝手に県民ネタ

2016年12月09日

勝手に島根vs埼玉

 以前から頭の中であっためていたカテゴリーを今回から追加することにしました。題して「勝手に県民ネタ」(笑)主に、埼玉vs〇〇県という構図で書いて行きます。誰得ネタですが、他県の方とお話する一助になれば幸いでございます。

 私の勤める会社には、地方出身の方が多くて、折に触れ「お国自慢話」に花を咲かせることがあるのですが、だいたい埼玉県は蹴散らかされますからね。よく言われるのが、「都会だと思って来てみたら。。」というガッカリトーク。埼玉県民には慣れっこの言葉ですね(震え声)さて、今回は島根県を引き合いにしてみます。

 先日、ヤフーニュースにこんな記事が。
「90万の県民、今は60万人台・・県民の歌に県議質問」

と。島根県て70万人を割っているんですか。へぇ。と思いつつ、では我らが埼玉県は何人住んでるんだ?と思ったので調べてみたら、こんなサイトがありました。私はこういう県データが大好きなのです(笑)これによると、なんと埼玉県の人口、


島根県の10倍以上
。ちなみに、面積比率で言いますと島根県の広さは埼玉県の約1.8倍。
ということは。。。と人口密度を比べてみると、当然ですが約19倍!となるわけですね。たぶん、島根に行くと家と家の間隔が超広いはずです(島根県未経験者が勝手に言ってます)しかし、最近よく北関東三羽ガラス「群馬・栃木・茨城」がいじられるネタに使われる「県別魅力度ランキング」を見てみると。。。


埼玉→39位(ええ、そうですよねそうですよね)
島根→27位(ええっ!すげぇ何があるんだ)

ということで、このままだと島根県ご出身の方や島根県の方にもの凄い勢いで怒られそうですので、調べてみたらこんな素敵なサイトがありました。


 。。。結論。やっぱ「島根県は魅力がいっぱい。なにせ海もあるし」(白目)島根県は素敵です。参りました。


 結局埼玉県民は基本、「都心に近いし〜」という地理的ステータスを盾にするしかないのですが、また他県を相手に「誰得県民トーク」を綴りたいと思います。


 次はスタッフAの故郷群馬が相手ですスタッフS
posted by さらさりゅうきん at 00:00| Comment(0) | 勝手に県民ネタ