2018年02月09日

なつの時間

我が家の「長老」、なつさんは来月で満15歳になります。人間の年齢に換算すると…

IMG_0706-ec892.JPG

むむ、76歳ですか。だいぶご高齢ですな。ちなみに、どらは確か5月で3歳になるので、人間だと28歳…まだまだ若造ですな。

IMG_0681.JPG

最近のお気に入りの場所。夜はほとんどここから動きません。

IMG_0682.JPG

夜は冷えますからね、そーっとお布団を掛けてあげたりします。


これだけ見ると、「寝たきり老人」のようですが、一応まだ2階にも自分で行ったりして、適度に運動はしているようです。


と、こういう生活は今に始まったコトではないんですよね。彼女は若い頃からグーグー寝てましたから。


なので、15歳になる今でも特に外見上老け込んだ様子は見られません。きっと、なっちゃんの周りだけゆっくり時間が流れてるんだろうなと。


そんな事を思いながらふと動物の寿命について調べていたら、面白い記事がありました。


ゾウの時間、ネズミの時間という興味深い記事です。(すごい今更なお話だったらすみません)


面白いのは、哺乳類が一生のうちに心臓が鼓動する回数がだいたい同じだということ。人間も、高度な医療などがない縄文時代は寿命が31年ほどだったとか。


心拍数単位で一生を考えると、人間の「秒・時間・年」という単位はあくまでも人間のための単位、ネズミは「ネズミ時間」、ゾウは「ゾウ時間」で生きているため、一生そのものの価値は同じではないかと。


そう考えると、人間の約3倍の速さで鼓動している猫は、人間から見ると3倍に圧縮された一生を、約15〜20年ほどかけて過ごしていることになります。むむむ、ちょっと哲学的な話になってきてような。


 しかし…なっちゃんを見ているとむしろ人間の3倍長生きしそうな生き方に見えますけどね(笑)


IMG_0713.JPG
くだらないこと言ってると、死んだら化けて出るよ。


と言ってるかは定かではありませんが、ホントに病気知らずのなっちゃんですから、いつまでも長生きしてほしいと思います。


孫の顔を見るまでは生きていたいスタッフS

posted by さらさりゅうきん at 15:17| Comment(0) | なつ・どら

2018年01月05日

猫はこたつで

 今年は12年に一度の戌年、ワンちゃんが主役なのは言わずもがな。先日の日記でも触れたところではありますが、

 やはり我が家のように猫しかいない家庭は、「猫年があればなぁ〜」と1度は思ってしまうのでは。


ちなみに、猫年が無い理由としては「ネズミに騙された」昔話が有名な話ですが、実際の理由は不明のままなんだとか。しかし、色々と調べてみると、なんと。猫年がある国があるっていうじゃあありませんか。


チベット、タイ、ベトナム、ベラルーシでは「卯年」が「猫年」に、


ブルガリアでは「寅年」が「猫年」になっているそうです。なんてこった。自分は卯年なので、タイあたりに移住したら「俺、猫年(キリッ)」と言えるんですよ。


今や日本は空前の猫ブームですからね、同じネコ科でトラの代わりに猫年にしてもいいんじゃないかい?と思ってみたりしますが、ダメですかね。


まあ、そんなことになったらタイガースファンに猛烈に反対されそうですね(汗)じゃああれだ、寅年(猫年)っていうことにすればいいんだ。どちらでもいいよと。


と、くだらない妄想はこのくらいにしまして、やはり猫と言えばこたつ。いつもケンカ三昧のなつとどらも、こたつの中では平和に過ごせるようでして。


IMG_0142.JPG

普段ではなかなかありえない距離感。きっと、なっちゃんもこの中では寛容になるんでしょう。


最近では、こたつの使いこなし方も色々と心得ているようで。


IMG_0431.JPG

下半身だけ入って、テレビを見てたり。これでみかんでも持ってたら完全に人間と同じじゃないか。


IMG_0433.JPG

なに?まーた何か言ってるんでしょ。


いや、そんなことはないんだけど、そのお腹の下のコードをちょっといいっすかね。スマホ充電したいんすよ。


なんて言ってたらスタスタスタとどこかへ行ってしまいました。邪魔してすんません。


IMG_8825.JPG

こちらはコタツではなく人の寝床でくつろいでいる猫でございます。なっちゃんと同じことやっていてちょっと笑っちゃいました。


今年もほっこりさせてくれる画が撮れたらまたご紹介したいと思います。


コタツの中の猫を足でもにゅもにゅするのが好きですスタッフS

posted by さらさりゅうきん at 15:32| Comment(0) | なつ・どら

2017年10月26日

どらvs〇〇

 今年のドラフトも本当に面白かったですね〜。清宮幸太郎君が日ハムに決まったのは、彼にとっては非常にいい結果になったのでは。
  
  我がライオンズは惜しくも田嶋投手を取り損ねましたが、期待できるピッチャーがたくさん入ってくれそうなので来年が楽しみでございます。それと、花咲徳栄から指名した西川君にも注目です。

 さて、先日の朝のどら君。

IMG_8941.JPG
このまま微動だにせずいたので、何を見ているのかと思いきや…

IMG_8943.JPG

!!!!!
で…デカいカマキリ…たっ大変だ。どら、早くやっつけ…いやそれは可哀想だ。だがワタクシは虫が…


とオロオロしている間にちょっとテンション上がってきたどら君。

IMG_8944.JPGIMG_8945.JPG

ペシペシ、うりゃうりゃとちょっかいを出し始めました。カマキリも負けじと威嚇しております。しかしその威嚇にたじろいでいるのは他ならぬワタクシでございます。


ここはどら君に任せて…と思いましたが、さすがにカマキリに逃げ場が無いのはしのびない。意を決して網戸を開けました。(ガチビビり状態で何とか開けたのは言うまでもありません)


IMG_8947.JPG

どら「。。。。」

カマキリさんにとっては「命拾いしたぜ…」と言ったところでしょうか。しかし、網戸締め切っていた状態でどこから入り込んで来たのかと思うと、やっぱ虫って怖い…と思う朝の出来事でした。


冬は虫がいないから安心スタッフS


posted by さらさりゅうきん at 23:53| Comment(0) | なつ・どら

2017年07月27日

猛暑となっちゃん

 毎日毎日ホント暑いですねぇ。ここ2、3日は曇りがちで少し過ごしやすいですけど、またすぐに暑い日々が…超暑がりのワタクシには辛い日々でございます。

 さて、我が家にはご存じのとおり、真夏でも全身モフモフのなつさんがいらっしゃいますが、見るからに暑そうな彼女は、意外とクールに夏を過ごしております。

 と言いますのも、なつさんは割とエアコンに頼らない生活をしておりまして。

  可哀想だと思ってエアコンの効いた部屋に連れ込んでも、いつの間にかエアコンのついてない部屋で寝てたりします。エコです。

IMG_7845.JPG

お気に入りなのはリビングのテーブルの上。本人曰くこのテーブルは割とひんやり感が持続するんだとか。

 こないだ、娘さんがやろうと思ってテーブルに置いていた手持ち花火の近くで寝ていたので、ついイタズラしてしまいました。


IMG_7791.JPG

スマホを構えて写真撮ろうとした瞬間に、恐ろしい顔で睨まれました。ごめんなさい、もうしません。


IMG_7761-eec45.JPG

※この後花火はスタッフが安全に遊びました。の図。

 エアコンガンガン&毛布にくるまるのが好きですスタッフS

posted by さらさりゅうきん at 22:19| Comment(0) | なつ・どら

2017年06月18日

グダグダな猫、トゲトゲの猫

以前、なっちゃんとどらの素敵な肖像画をいただいたお客様より、ありがたいことに新たなプレゼントをいただきました。

IMG_7296.JPG

木製プレートに描かれたなつとどらです♪いつも本当にありがとうございます。と、いうわけで今回は久々になつ・どらの記事でございます。

 先日、いつものようにキャットタワーのハンモックで寝ていたどら君。


IMG_7244.JPG

ぐでー。お前は亀か?いや、亀の甲羅だとすると向きが逆か。いっそ仰向けで寝てくれれば猫亀さまの出来上がりで撮れ高があったのですが。それにしても相変わらず間抜けな顔です。


IMG_7246.JPG


足元にはなつ様が丸くなっておりました。なっちゃんは決してハンモックには登りません。テーブルの上とかで寝てたりするので、まだ高いところへ行けないわけじゃないんでしょうけど、

 家の中でもそれぞれ寝床にしている場所は微妙に違うところが面白い。椅子とかでもそうなんですけど、

IMG_7214.JPG

なつさんのお気に入り椅子。

IMG_7087.JPG

どら君のお気に入り椅子。といった塩梅で、基本被らないようになっております。ハンモックで寝ているなっちゃんも見てみたいんですけどね(笑)

最後に、当店の近所を縄張りにしているノラ子ちゃんをご紹介。先日、ホテルでお預かりしているワンちゃんと散歩に出たところノラ子に遭遇。

IMG_7283.JPG


ザ・威嚇スタイル。これ以上無いってくらいおっかない顔で威嚇されました。この顔はうちの子たちにはできんなぁ、と思ってつい撮ってしまいました(笑)ノラ子恐るべし。

 お願いだから、なっちゃんが朝お庭でのんびりしている時はそっとしておいてくださいね。


どらの首輪新調しましたスタッフS
posted by さらさりゅうきん at 23:00| Comment(0) | なつ・どら