2018年01月21日

虫くんのルーツ

先日、読書の虫が騒ぎ出したという記事を書きましたが、依然ワタクシの中の虫くんは収まることを知らず。

この一週間ほどでさらに5冊も読んでしまいました。しかもうち3冊は700ページクラスのヘビーな作品(汗)
当然、夜更かしが続いております。そろそろ一旦休止しようかなと。


それにしても…読書に関してしばらくブランクのある時期もあったのですが、なにゆえこんな夢中になれるのかと、ふと自らの読書のルーツを辿ってみたのですが、どうやらそれは小学高学年の頃にあったようです。


5年生になって、「日本の歴史」を習うようになってから、当時のクラスの中で「歴史ブーム」がありまして。今の「武将ブーム」を先取りしてたのかなと(笑)


担任の先生も歴史の授業がお好きな方で、教科書に乗ってないようなエピソードなんかを披露するとすごく褒められた記憶があります。


その拠り所となったのが、

IMG_0590.JPG

日本の歴史の漫画。図書室の大人気作品になっとりました。しかし、漫画がなかなか借りられなかったからかは定かではありませんが、ワタクシが夢中になって読んだのが

IMG_0589.JPG

火の鳥文庫の偉人伝。イラストと、小学生向けの文字サイズで、非常に読みやすい文庫本でした。親もこれなら、とたくさん買ってくれたんですね。


これがベースとなって、中学生の時は「西村京太郎」「山村美紗」「赤川次郎」といったミステリーを友達と貸し借りしながら読んだ記憶があります。


と、こう書くとなんだか頭の良さそうな少年に見えなくもありませんが、どうも母親譲りのせっかちさんなワタクシは、


早食いよろしくロクに内容を咀嚼せずに「早くラストを読みたい」という思いのままページをめくり続ける悪癖がございまして。


読んだ量の割には大して頭に入っていないという、非常に残念な読者になっております。それはもちろん、今も全く変わってないと(笑)


それでも、ここで多少なりとも感想を綴ることによって理解が深まることもあるかと思いますので、後日また記事にさせていただきたいと思います。


速読術マスターしたいスタッフS

posted by さらさりゅうきん at 23:53| Comment(0) | 日記

2018年01月19日

長男、アウト〜

先週、長男君のクラスでインフルが流行っているらしい、という話がありまして。
おいおい、やめろよお前はもらうなよ絶対だぞ、とまぁお約束の流れから、


今週に入り長男くん微熱発生。からーの熱上昇。そしてワタクシが病院へ連れて行き、


B型陽性ですと、お約束のオチでした。


帰宅後、長男君は隔離措置が取られ、週明けまで出席停止となったわけですが、

問題は当然、「ほかの家族は大丈夫なのか」ということです。

普段、「ワタクシと娘ちゃん」「Aさんと長男次男くん」というふうに寝室が分かれているのですが、ゆうべは。。。

ワタクシがバンドの飲み会で遅かったため、娘ちゃんも長男くんと同じ部屋で寝てたな(白目)
はい、Aさん、次男、娘、アウト〜。さらに、長男くんが食べていたと知らずに「おっ、美味そう」と、食べ残しのお惣菜をヒョイパクとつまみ食いしたワタクシも当然、アウト〜。


全員、アウト〜(これが言いたかっただけ)


と、言いたいところですが幸い、一般的な潜伏期間と言われている72時間を過ぎても誰も発熱などの症状は無いようでして。


とりあえず一安心ですが、B型って比較的症状が軽くて、そのぶん感染者が「ただの風邪かな?」と用心せず普段の生活をすることが多いので広がりやすいんだとか。


長男君が治った後も、しばらく用心が必要ですね。気をつけねば。皆様もご用心くださいませ。


ノロウイルスで家族全滅経験ありスタッフS
posted by さらさりゅうきん at 15:33| Comment(0) | 日記

2018年01月18日

活動再開

先日、久しぶりにバンドの仲間たちと集まりました。


IMG_0568.JPG

メンバーが予約してくれた、上尾駅そばの「山内農場」。初めて入るお店ですが、グルメなメンバーが選んだお店ですので、お料理が楽しみです。


IMG_0562.JPG

お久しぶり〜のカンパイ乾杯
前回のライブ(2016年8月)後に、ドラムとキーボードのメンバーが活動休止を表明しておりまして、結局昨年は丸1年活動していなかったのですが、


ひょんなことからドラム経験者の方が参加していただけることになりまして。今年は2年ぶりのライブを目指して活動を再開しよう、とミーティング兼の新年会でございます。


IMG_0563-02643.JPGIMG_0566.JPG

お料理も期待以上のお味♪やはり看板メニューの地鶏料理は特に美味しいにこにこメシのおかずにも最高だろうなぁと。


毎回、メンバーと頭を悩ますのが選曲です。ワタクシのようなヘッポコボーカルが歌える曲が大前提なので、そら大変だわというところではありますが(笑)


割と毎回、新しい取り組みに挑戦するという裏コンセプトもあったりして、今回もみんなで忌憚ない意見を交換し合った結果、なんとか半分ほど曲が決まりました。


今回はボーカルの2人がそれぞれ演奏にも挑戦する曲もありまして、早速不安でしょうがないところですが、賽は投げられたので頑張るしかないかと(汗)


夏にライブをする予定ですので、また練習状況などを記事にしたいと思います。


キーボード絶賛募集中スタッフS
posted by さらさりゅうきん at 16:37| Comment(0) | 日記

2018年01月14日

散歩の光景

今朝、お泊まりのワンちゃんとお散歩をしてたら、元荒川に見慣れないものが…

IMG_0559.JPG

むっ?なんだあの赤い物体は…
ゴミにしてはずいぶんデカい感じです。なにやら胸騒ぎが…まさか…(推理小説の読みすぎです)


と、さらに近づいてみると、

IMG_0560.JPG

!!!!!


ぬぁっ!!ひっ、人…じゃなくてだっ、だるまじゃないか。しかも3体も。いや、1体は真っ二つになってて実は2体なのか?いずれにせよ、不気味な光景であることには変わりません。


一体誰が、何のために。しかし、次の瞬間ワタクシの脳裏に浮かんだのは、
「こんな光景を群馬県民(グンマー)が見たら大変だ」と。


スタッフAさんに見せたら発狂しちゃうんじゃないかと。群馬名物だるま様になんて事するんだと。


でもそこはブロガーの血が騒ぐというものでして、早速この画像をスタッフAさんにLINEで報告。さぁなんというリアクションが来るんだ、とはらはらしていたところ、


拾いに行く。と返信が。


おお、さすがグンマー。ワタクシの思った通りだ。そうだよね、ほっとけな…


いやいやいやいや。


すみません、ちょっと調子に乗りました。嘘です。よく見たらだるまじゃなくて大きめのリンゴでした。
なんて言い訳が通用する相手じゃないのはよく心得ているつもりですが、


どうにか思いとどまっていただけたようで何よりでございます(汗)
それにしても…まさか群馬からどんぶらこと流れてきたわけではないでしょうから、
(元荒川の源流は熊谷市佐谷田でした)


誰かが故意に投棄したんでしょうね。なんともけしからん行為です。
カワセミが来ていたこともありましたので、どうか川にごみは捨てないようにお願いします。


だるま弁当を食べたくなってしまったスタッフS
posted by さらさりゅうきん at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年01月12日

寝不足でございます

最近じわじわと、ホントじわじわではありますが、当ブログをご覧いただいている方が増えておりまして。

読者様が増えるというのは、書き手にしてみればこれ以上ない励みになります。大変にありがとうございます。文章力を磨いて頑張らねば(汗)


文章力を磨くといえば、やはり読書ですね。昨年の年末にかけてはさすがに余裕が無くて読書もしていなかったのですが、年明けて少し時間ができたので、また読書の虫が騒ぎ出しまして。


年明けてから既に今年5冊ほど読んでしまいました。例によって、ほぼ東野圭吾です。


以前の日記でも触れましたが、職場のシルバー人材の方から、小さめの段ボールいっぱい蔵書をいただきまして。そのほとんどが東野圭吾なので自然とそうなるのです(笑)


 今回読んだ中で、1番面白かったのが、「マスカレードホテル」。

IMG_0519.JPG

都内の高級ホテルが舞台のミステリー。都内数ヶ所で起こった予告殺人事件の、次の予告場所がこの高級ホテルだったため、刑事たちがホテルマンとして潜入捜査をすることになると。


主人公は優秀なフロントクラークの女性と、帰国子女なのでフロントで潜入捜査をすることになった、若手の少し血気盛んな刑事(男性)。


なにせ高級ホテルですからね、カスタマーズファーストの精神が半端ないんですよね。それに対して犯人を捕まえに来た若手の刑事が同じ立場の人間として潜入するわけですから、かなり衝突するんですけど、徐々に信頼関係が生まれてくると。


途中、様々な来客者のエピソードがあるのですが、全然事件とは関係なかったり、実は重要な伏線だったり…500ページほどの長編でしたがほぼ一気に読み終えてしまいました。


非常に読み応えのある内容で、そういえば映画化とかは…と思って調べてみたら、なんとまあ。タイムリーなことに現在制作中なんだとか(笑)


フロントクラークの女性は長澤まさみさんなのはいいとして、刑事がキムタクかぁ…ちょっとイメージ違うんだよなぁと思っていたら、ネットでもワタクシと同じ意見の方が多いようで。(キムタクファンの方ごめんなさい)


ちなみに、「マスカレード・ホテル」の後に発表された、「マスカレード・イブ」という作品も蔵書にあったので、翌日一気読みしました。

IMG_0557.JPG

こちらは、「マスカレード・ホテル」のスピンオフストーリーで、二人が出会う前のお話。


短編集になっていて読みやすいです。出会う前のお話ですが、どちらかと言うとやはり先に「マスカレード・ホテル」を読んだ方がより楽しめるのでは。もちろん、こちらを先に読むのもアリかと。


「マスカレード・ナイト」という最新話も、昨年発表されたようで、恐らく近々購入して読むことになりそうです(笑)読み出すと止まらないので、また寝不足が心配でございます。


しおりはいつも適当な紙ですスタッフS
posted by さらさりゅうきん at 16:10| Comment(0) | 日記