2016年07月28日

ジッチャンの名は耕助

 ようやく梅雨が明けましたね〜。梅雨明けが遅い年は冷夏になりやすいのだとか。過ごしやすい夏は大歓迎でございます。

 さて、夏といえばミステリー。初耳とか言わないでくださいね。「夏ミス」なんてフェアもあったんですよ。ということで、自称ミステリー好きのスタッフS君、今まで気になっていたが読んでいない作家がいたんです。それは「横溝正史」さん。

ええ、横溝正史を読まずにミステリー云々と言っているニワカも甚だしい男ですがなにか?(震え声)
 いや、もちろんテレビで映画やってたりして、


IMG_2241.JPG

こんなのとか
※撮影協力 次男君


IMG_2242.JPG

たたりぢゃ〜
※撮影協力 娘さん

とかは、観たことあるんですけどね。なにせ子供の頃の記憶。どんなストーリーなのかは全く知らなかったんですよね。
でも、ブックオフで100円で売ってる横溝作品はどうも使用感が半端ない感じで購入には至らず。なかなかご縁がなかったんですが、思わぬ方向から横溝作品に出会うことになります。


それは私の大好きな「陰陽座」のCDを検索していた時。「相剋・慟哭」というシングルが、実はニンテンドーDSの「犬神家一族」のオープニング、エンディング曲のために作られた曲だというじゃありませんか。全然しらんかった。(ここでもニワカぶりを発揮)
相克.jpg


黒猫さんが美しすぎる。これはもうね、買うしかないでしょ。


IMG_2230.JPG


中古で¥690ですか。音速でAmazon手配。手配した後でレビューを読んだら、「ゲームというよりは電子文庫を読んでいるような感じ。」「ストーリー的には今さら云々・・」ふむふむ。自分にもってこいじゃないか。到着後、妖怪ウォッチの新作に没頭する息子たちに頭を下げ、一心不乱にプレー(本当に淡々と読み進めるような感じです)。

そして、、、


IMG_2203.JPG




でたぁぁぁあああああ




これ、ずーーーーっと海だと思ってましたが、湖だったんですね。
いや〜、最後まで一気にクリアしましたが、やはりあの足やら、菊人形やらのインパクトが強すぎて、全然ストーリー分かってなかったです(汗)こんなストーリーだったとは。あのスケキヨマスクにはあんな意味があったんですね。戦後まもない時代背景を実にうまく生かしたストーリーで、非常に読み応えがありました。そして、、、、エンディングの「慟哭」が流れてきたときにはもうね、トリハダもんでしたね。メンバー全員が横溝ファンという陰陽座が作っただけあって、歌詞もメロディーも最高に世界観とマッチしております。名曲です。


と、今回ゴリゴリに陰陽座推しで記事を書いたのは、、ほかでもありません。今度ライブでコピーをするという背景が多大にありまして(笑)それにつきましては、また後日明らかにしていきたいと思います。


 ちなみに、今回の記事を書きながら、こんなものを発見。う〜ん、ストーリーとキャストが気になります。三毛の一族って、みんなメスやんと(笑)


色が三毛.jpg

 スケキヨマスクが欲しいスタッフS



今なら口コミ投稿でAmazon商品券が当たるチャンス!詳しくはこちらからどうぞ。
【スタッフSの個人的なお話しの最新記事】
posted by さらさりゅうきん at 23:47| Comment(0) | スタッフSの個人的なお話し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: