2017年08月10日

脳の劣化を感じます

 うちの娘さんの最近の流行りは、「なぞなぞ」だそうで。保育園で先生がよく問題を出してくれるようで、家でもしきりに「ねー、なぞなぞ出して」とせがまれます。


 ワタクシもなぞなぞは嫌いじゃないんですけどね、やはり年を取るにつれてなぞなぞとは縁が遠くなりますから。パッと出てこないので、早速ネットで調べてみたらやはり色々出てきます。


 今回は、「初級」「中級」「上級」と、レベルの違う問題が載っているサイトを見つけたので、まずは自分でやってみたのですが…んまぁ、「なぞなぞなんて子供だましの簡単なとんちじゃないか」なんてもんじゃない(汗)いや、歳を取って頭が固くなったからなのかは定かではありませんが。


初級はまぁ、大丈夫でしたね。
問題:たぬきの宝箱にはなにが入ってる?

答え:空箱(たからばこマイナス「た」)

問題:まみむねも これはなに?

答え:眼鏡(「め」が「ね」)

など。うちの娘さん相手だとこれで十分のようです(笑)


中級はちょっと難しい。
問題:おじいちゃんとする球技はなに?

答え:ソフトボール(祖父とボール)

問題:八百屋さんがトラックにピーマン・トマト・きゅうり・ナスを積んで走ってます。
急カーブであるものが落ちました。それはなに?


答え:スピード
(これが全然わからなかった汗)

上級なんて、正解率10%くらいでしたよ。。。

問題:表と裏が一緒に見られる不思議なものは?


答え:野球のスコアボード

問題:ある虫のお母さんは、いつも気取らず、着飾らず、どんな時も自然体。それは何の虫のお母さん?


答え:あり(ありのママ、ありのまま)

と、言われてみればああ〜となるのですがどうにも、ね。それがなぞなぞってもんかもしれませんが(笑)

ただ、それなりになぞなぞの空気に慣れてくると、段々解けてくるようになるんですよね。レベルごとに問題を覚えて、近所の子供たちと遊ぶ時にネタにしようと思いました。


遠足のバスを思い出しますスタッフS

posted by さらさりゅうきん at 23:00| Comment(0) | 日記