2017年06月06日

衝撃の事実

先日、我が家の次男くんが「足が痛い」と言い出しまして。彼はけっこうですね、行きたくないところがあったりすると足が痛いと言い出すケがあるんですよ。原因不明の関節痛とか。


 私も少年の頃、学校に行きたくないと思うとお腹が痛くなるクチでしたので、どうもそういう目で見てしまうんですけど、今回は明確に「トリミング室の入り口で足をぶつけて、痛みがひかない」と。

 翌日も痛みがひかないという事で、スタッフAさんと整形外科に行ったところ、なんと、、、


折れてましたと。


 マジすか…我が家の方々は、骨に関するケガには縁がない生活を送っておりまして、彼が初めての骨折経験者となりました。ポキっと折れてたわけではないそうなんですけど、それでも全治一か月以上と診断されたので大けがです。

IMG_7102.JPG

嗚呼、可愛そうな次男くんよ。骨折の中では軽微なもののようですが、それでもいつも通り歩行するのは困難のようで。


IMG_7093.JPG

お買い物の際は車いすで移動です。でも、本人はけっこうまんざらでもないようで(笑)なんて言いますか、病気にしろケガにしろ、ちょうどいいって言うと語弊がありますけど、

 周りは心配してくれる、でも自分はシャレにならないほど辛くはないみたいな症状ってあるじゃないですか。おそらく彼にとって今回のケガはそんな感じに見受けられます。車いすに乗るのも楽しんでましたし。



 しかし…よく足の小指をドアのはじや壁にぶつけて痛い思いをすることがあると思いますが(それこそ骨折してしまう方も)それは、一説によると人は自分の体のはじっこの部分のセンサーが意外と鈍感らしくて、それでぶつけるらしいのですが、


次男くん薬指と中指ですやん(汗)大丈夫なのか、君のセンサーは。まぁ、今回のケガでセンサーの精度が上がって(?)つまらないケガをしないようになればいいのですが。早く治るといいね。


おんぶ係スタッフS
posted by さらさりゅうきん at 23:00| Comment(0) | 日記