2017年03月21日

プエルトリコはプエルト・リコ

 今日のプエルトリコVSオランダの試合は、もう本当に息が詰まる激戦でした。しかし、勝負のアヤは初回の攻撃で「世界最強キャッチャー」モリーナの、一瞬のスキを突いて取ったアウトにあったという、まさに国際大会の厳しさを感じさせられる試合でした。

 それでもオランダ代表の4番、ヤクルトスワローズのバレンティンが大会打率6割にホームラン4本という、とんでもない成績を残して、一プロ野球ヲタとして嬉しかったですね。日本に戻る前に燃え尽きてないか心配です(笑)

 明日侍JAPANが戦うアメリカは、第一回から前回大会まではメジャーリーガーがちょぼちょぼ〜半分くらい(残りはマイナーリーガー)だったのが、今回は本当にガチのメジャーリーガードリームチームになっております。

 同じくメジャーのドリームチームと言われたドミニカを倒しての準決勝ですから、いかに強いチームかがわかりますが、それを倒した時の日本はもう名実ともにメジャー級のレベルということになります。

 世紀の一戦、心して観たいと思います。

頑張れ!侍JAPANスタッフS


posted by さらさりゅうきん at 23:55| Comment(0) | 日記