2017年03月02日

よい子はマネしないでね

 この時期、必ず話題になるのが「花粉症が〜」って話ですよね。今週も誰かが当ブログでも書いていたような。。。テレビをつけても、ラジオでもキャスターやMCが「花粉症が辛い〜」とやっておりますが、ホント大変そうですね。

 こう書くと、私は何もないと思われてしまいそうですが、私もこの時期けっこうクシャミを連発したりして、周りから「花粉症?」とよく聞かれます。

 その時、必ず私は「違います(きっぱり)」と答えます。まぁだいだい半笑いのリアクションを取られるんですが、でも花粉症じゃないんですもん。

 私には、花粉症(アレルギー)というのは「花粉症(アレルギー)と認めたら負け」という持論があります(真顔)もちろん、この季節は花粉もいっぱい舞っているんでしょうけど、アレルギーなわけじゃないんです。

 誰でも、目の前でコショウ振られたらぐしゃぐしゃになりますよね?まぁ、そういうことです。(無責任発言)

 でも、そのおかげで?毎年ハクションしまくったりしておりますが、マスクもお薬も使用せずなんとかクリアしております。
ちなみに、花粉対策曲は、B'zの「さまよえる蒼い弾丸」です。歌いだしの、

「風の強い日はアレルギー そんなのかまっていられない」をかみ締めながら生活すると抵抗力が上がります。ついでにテンションもあがります(笑)

 実は子供のころ、猫に縁のなかった私は、親戚の家に泊まりに行くと、そこにいる猫の毛がダメだったようで、もう毎回目がショボショボ、咳まで出たりして寝られたもんじゃなかったのですが、

 家で猫を飼うようになって、いつの間にか体が慣れたのか、猫を吸えるようにまでなりました(笑)

ペットショップに勤め始めたときも、はじめ小動物担当だったんですが、小鳥の羽やウサギの毛なんかが受け付けなかったのか、もう咳が出まくってしまって、咳で夜中起きてしまうくらいひどかったので、

 「あぁ、せっかく入ったのにこれじゃあ勤まらないな…」と諦めかけたのですが、内科で症状を抑える薬をもらった後は、これまた体が慣れたのか、全く問題なくなったという経験がありまして。

 もちろん、誰にでも当てはまることではありませんが、「あぁ、花粉だアレルギーだもうダメだ」と思う前に、「あっ、また誰かコショウ撒きやがったな」くらいで花粉に逆ギレしてやるくらい強気で立ち向かえば、割と平気になったりしますよ♪


 あくまでも自己責任でお試しくださいスタッフS


posted by さらさりゅうきん at 23:00| Comment(0) | 日記