2016年10月26日

トリミングセミナーvo.I


こんばんは( ^ω^ )
スタッフYです枯れ葉
今日は季節ハズレの天気の良さでしたね。
おやすみもいただいていたので
お布団を干しました


今日は保険会社のイベントに参加させて
もらってかご作りをしてきました(*⁰▿⁰*)
7割がた担当の方がやってくれました笑

完成品です♡かわいい。
IMG_3276.JPG




そして本題へ。
月曜日はトリマー2人で電車に揺られ電車
ドックショーで数々の賞を受賞されたり、世界で講師としても活躍されてる名講師の方々のセミナーに参加をさせて頂きました!
私たち以外に100人程の参加者がいました!
同業者がそんなにたくさん集まる場所に
行ったのはわたしにとって初めてだったので
とても新鮮でしたきらきら


第一部:ビションフリーゼ
先生はアメリカトップトリマーの1人である
オルガ先生。


ビションフリーゼ
IMG_3281.JPG
原産国がフランスの小型犬。
もともとはウォータースパニエルと白い
小型犬とのミックスではないかと推定されて
いたそうです。
この掛け合わせは「バービション」という
系統名で、ビションフリーゼ以外にも三種類の犬種が作出されているそうです。

オルガ先生がご活躍されているアメリカでは
ビションフリーゼの毛並みを生かしたユニークで愛らしいカットスタイルが注目され


それがこのまんまるスタイル。





懐っこくて愛らしい犬種として人気があるそうです!

まだビションフリーゼが日本に、浸透する
前は似た犬種としてマルチーズが圧倒的な人気を誇っていたそうです!


ほんなビションフリーゼのユニークで愛らしいカット方法を勉強してきました!


まず、綺麗に揃えて行く前に、大体の
形を作っていき(アウトラインを作る)
それが決まったら、しっかり
コーミングを繰り返しながら全体を揃えていくそうです。その方が時間短縮になりわんちゃんへの負担が軽減されるそうです!!

背中を真っ直ぐ
お尻は短く
胸は喉仏から胸の骨まで真っ直ぐ

4本の足は上から作っていくのではなく
家を建てる時のように土台から、なので
足は下から作っていくそうです。
!️このやり方はなるほど〜ととても勉強になりました。実践したいです。


首は顔を90度横にして真っ直ぐ作る。
!️横にしてやるとは知りませんでした。勉強になりました。


前足の太さは動いたときに足同士が触れない
程度の太さに。



ウエストはトイプードルとは違い、
くっきり、はっきりとは作らない。
上から見たときにウエスト部分が真っ直ぐ
なっているようにする。
IMG_3282.JPG


IMG_3251.JPG


お顔は写真のようにまんまるく作っていく
のですが、すごく勉強になったのは
ハサミの使い分けです。
目の上を切るとき、輪郭を作るとき
全体を揃えるとき。


お顔だけでなく全てを通して
いろんなハサミがあってそのハサミの用途や特徴を、生かして使い分けているというところが
今回のセミナーで吸収できたことの一つでした!はさみはさみ


会場にはハサミメーカーの
UTSUMIという会社がきていて
ほんとに、たくさんのハサミが置いてあって
握ってみたのですが、握りやすかったり、切りやすそうだったり、軽かったり、、、


欲しくなりました。。。


安いものでもないので、
これ下さいとはいけませんが


近いうちに購入を検討したいとおもいます!
刃がカーブしているカーブバサミというのがあるのですが、それがいま1番欲しいきらきらきらきら


今回のセミナーで吸収できたこと
これからの自分のトリミングに必ず
生かして、向上心を持ち続けていきたい
とおもいます( ^ω^ )



今日のブログ内容は、専門的な話に
なってしまいすみませんあせあせ(飛び散る汗)
第2部、第3部とトイプードルについても
学ばせてもらいましたので、自分たち自身の
記憶に収めるためにも次回更新時もレポートさせて頂けたらとおもいます(^ ^)






お読み頂きありがとうございました( ^ω^ )



IMG_3252-2107c.JPG

⁂久しぶりに早起きしてみれた日の出
IMG_3253.JPG
posted by さらさりゅうきん at 18:32| Comment(1) | スタッフYの日記♪